2010/06/18

食とアートの両方が楽しめるラーメン店(山形市:Men屋 青龍)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed
Bookmark this on FC2 Bookmark
Share on Facebook

東北芸術工科大学の卒業生らの作品を展示するギャラリー併設のラーメン店「Men屋 青龍」が山形市幸町に14日オープンしました。ギャラリー併設のラーメン店は県内初。

店舗は市内で居酒屋を経営する赤木孝治さんとその常連客だった青木謙治店長の2人でオープン。共に芸工大の学生と交流が深かった事から「若い芸術家たちを応援したい」との思いで店舗内へのギャラリー併設を考案しました。店のロゴや名刺、メニュー等も芸工大OBがデザインしています。

ギャラリーは無料開放しており、今月の28日までは芸工大出身の画家、まきいくこさんのラーメンをモチーフにしたアクリル作品11点が展示されています。また作品の鑑賞のみの入店も自由となっており、今後は10日毎に作品が入れ替わる予定との事です。

ラーメンは昔懐かしい支那そば(醤油ラーメン)から、店名を冠したスタミナ系の青龍麺等、7種類を提供しています(季節メニュー含む)。

赤木さんと青木店長(写真右)

Men屋 青龍

〒990-0038
山形市幸町6-13 板垣ビル1F(十字屋さん南隣り 立体駐車場前)
TEL:023-625-5223
営業時間:11:00~17:00

※千円以上ご利用の際は十字屋裏のヨシダパーキング30分無料券サービス



このサイトに関連するつぶやき [46]:

すべてのつぶやきを表示する...

»この記事についてつぶやく 

最新の情報

»一覧

人・仕事人

»一覧


Go Top
Twitter