2011/04/22

福島原発事故による放射能拡散図(必見!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed
Bookmark this on FC2 Bookmark
Share on Facebook

世界各国でこれだけの資料を発表しているのに、日本のもの(気象庁など)の
発表がないのが、いまだに不思議でなりません。

政府から止められているのか?
それとも、私が気づかないだけなのか?
ある方からは、「管轄が異なるから、日本の気象庁は関係ないんだよ」などと言われましたが、納得はできませんよね。
花粉情報よりも、今は放射能情報ですから。
——————————————————————-

この記事の後でしたが(事故から約2ヶ月後に)、日本にも「スピーディ」という高性能な放射能予測観測器があることを政府から発表(?)されましたが、それは政府のもので、国民に発表しないそうです。
現在(2011.6.11)も、一般国民は見ることが出来ません。

日本の国民は、外国の拡散図を見て、判断するしかありません。
(これもおかしな話です!)

それにしても、地球上空から見ると、山形県もけっこう危ないですね。近すぎます。
要注意です!

参考のために、ページを作って掲載することにしました。
特に、ノルウェー気象庁のはかなり詳しかったのですが、表示されなくなりました。

代わりに、「全国放射能濃度一覧」のページを掲載しました。

関心のある皆さんは、多くの友人知人に教えてあげてください。

【群馬大学:上図は群馬大学のものです。詳細は以下からどうぞ】

http://www.nnistar.com/gmap/fukushima_result_1m_0418_overlay.html

【日本全国の放射濃度一覧】
http://atmc.jp/

【ノルウェー気象庁】

(ノルウェー気象庁のは図のみ表示)

【ドイツ気象庁】

http://www.dwd.de/wundk/spezial/Sonderbericht_loop.gif



このサイトに関連するつぶやき [46]:

すべてのつぶやきを表示する...

»この記事についてつぶやく 

最新の情報

»一覧

人・仕事人

»一覧


Go Top
Twitter