2011/04/28

山形めっけの誰にも聞けないツイッター講座(利用のしかた)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed
Bookmark this on FC2 Bookmark
Share on Facebook

今回はフォローとフォロアーの意味や関係についてまとめてみました。
ツイッターの予備的な知識は、これまでの講座をご覧下さい。
また、ユーザー登録がお済であれば、すぐに活用できます。
まだの方は、前回の講座を参照して、ユーザー登録を行うか、または、今回の講座を参考にしてから登録してみてください。

ところで、私がツイッター(twitter)を始めたのは、2009年6月でした。

ツイッターは、2006年7月にアメリカで誕生したSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)でしたので、決して早いわけではないのですが、アメリカでブレークするまで2年間ほどかかり、日本に本格的に入ってきたのも2008年位になっていましたから、今では2009年でも早い方に数えられるようになりました。

2009年6月にやったといっても、単にユーザー登録したというだけで、2、3ツイートしたまま、「なんだ、こんなもんか・・」と勝手に判断し、ほったらかして置きました。
つまり、よく分からないまま登録し、どのようなものかも分からないまま放置していたのです。

そんな中、ある人のツイッター関連の情報に接して、眼からうろこ状態でした。
その人とは、勝間和代さんのサイトです。
現在も大変活躍されておりますね。
日本のツイッター普及の第一人者です。
やはり、先駆者の情報はとてもありがたいものです。

「そうか~」という感じで本格的に再開したのは、2009年10月になっておりました。

勝間氏いわく、①【ツイッターをメモ代わりに使おう!】

そうです。ツイッターはオンラインメモ日記としても使えます。
だから、記録用にも活用できるのです。

■以下のサイト「twilog-ツイログ」を開き、めっけのユーザー名「yamagata_mekke」(半角)を入力してみてください。

(twilog-ツイログ)という有名なサイトです。

山形めっけの、これまでのツイート記載がカレンダー付きで、ブログのように整理してみることができます。

つまり、誰もが、自分のツイートはもちろん、知っているユーザーの記録も、相手に断らずにも見られてしまうのです。
これって、何か不思議な気がしますが、便利な点だけを考えれば、とても素晴らしい機能です。

このツイログURLを、自分のプロフィールに掲載しているユーザーも多いですよ。
ブログを持ってない方は良いと思います。

つまり、ツイッターには、これからも様々なツールをご紹介しますが、便利なツールがたくさん集まっているのです。

【フォローを100人位つけてタイムラインを楽しもう!】

つまり、ツイッターを登録直後は、誰もつながりが無い状態なので、ツイート(つぶやき)は書き込めますが、そのツイートは誰にも届きませんし、自分が見ているだけの状態です。(※検索されて他人に見られることはあります)
そのため、TL(タイムライン)も自分のツイートだけが流れます。
これもありですが、このままでは他のユーザーとのつながりが持てません。

ツイッターはSNSの一種であり、他の人とのつながりで利用価値が発揮され、多くの人に伝わり、拡大することが本来の機能ですので、それらを実感してみましょう。
そんなわけで、とりあえず、100人をフォローしてみてください。

【誰をフォローすればいいの?】

誰をフォローすべきか分からないときは、上にある検索窓に、自分の関心のあるキーワードを打ち込んでみて下さい。
TL上にずらずらっと色んなユーザーのつぶやきが、アイコン付きで表示されると思います。
そのアイコンの右側に「@・・・」と、アットマークから始まる英数字が表示されると思いますが、その文字列がユーザーの名前になります。
アイコンでもOKですし、そのユーザー名でもかまいませんので、クリックしてみてください。すると、そのユーザーのページが開きます。そこには、そのユーザーのプロフィールも見られますし、どういったツイートをやっているのかも一覧で見ることができます。
そういった内容から、自分の気になるユーザーを片っぱしからフォローしてみて下さい。あまり選択に悩んでいると、時間ばかりがかかり、面倒になってきます。

少しツイートを眺めれば、どのような人なのかが分かると思います。
気が合いそうな人や、同趣味の人などのユーザーだったら、一応フォローしてみてください。(※特に挨拶はいりません。

【フォロー時のポイント①】あまりにもツイート数が多いのは要注意です!

中には数万ツイートなどのユーザーがおりますが、そういった方は毎日かなりの数のつぶやきを行っています。そのため、他のユーザーのツイートが見えなくなってしまうことにもなりますので、好みのユーザー以外は避けた方がいいでしょう。

【フォロー時のポイント②】TLのツイートの日時を見て下さい。あまりにも以前のツイートの場合、フォローをしても反応が無い場合がありますよ!

【フォロー時のポイント③】一気に100人をフォローすることはありません。数日かけて行ってください。

とにかく、ツイッターを始めた以上、とりあえずフォーローしてみましょう。

後で、解除(アンフォロー)もできますので、最初は余り吟味しなくてもいいと思います。

その前に、ツイートも少しは行ってみてください。

【何を書けばいいの?】

ツイッターの文字入力は140字以内です。だから、つぶやき程度でいいのです。
この少ない文字数がツイッターをここまで大きく広めたポイントのような気がします。

最初は何を書くべきかで悩むと思いますが、最初は、「ツイッターをはじめてみました。初心者ですので、よろしくお願い致します。」のような簡単なツイートでいいと思います。
空白では、怪しまれてしまいますので、ご注意ください。

最初は読者は誰もおりませんので、自分に対して書いている感覚です。
そして、誰かをフォローすると、一気にTLに相手のツイートが流れ込んでくるので「何これ?」という思いは、誰もが経験することです。
でも、数人もフォローすると、もっと賑やかになってきて、慣れてきます。
そして、自分のツイートは何処へ消えたか?と思われることでしょう。
そこで再度自分でツイートしてみてください。
新しいツイートほど上に表示されます。

ただし、このままでは、自分のツイートはまだ相手には届きません。
自分のツイートが相手にも届くのは、相手が自分を「フォロー」してくれた場合です。
そう、お互いが「フォロー」し合うことで、お互いのツイートが、お互いのTL上に流れる仕組みなのです。
そう、だから、とりあえず100人ほどフォローしてみてください。
相手をフォローするところから、ツイッターは始まるのです。
フォローする内に、その中の数人から、フォロー返しが返ってきます。
そう、それを「フォロー返し」(リフォロー)と呼びます。
そうやって、自分にも「フォロアー」が追加されていくのです。
フォローを100人達成したら、次は、フォロアーを100人にチャレンジしてみて下さい。

それには、プロフィールも、空白では怪しまれてしまいますよ。
フォロアーを増やすには、プロフィールも充実させる必要があります。

【プロフィールについて】

重要なことのひとつに、プロフィールがあります。
プロフィールが空白なユーザーもたまに見かけますが、もしあなたがフォロアーを増やしたいと思っているのでしたら、このプロフィールも充実させる必要があります。
本名や実名は、政治家や、名前を売り込みたい方には向いてますが、最初から本名を出すのはやめましょう。ここが今話題のfacebookと少し違うところかもしれませんね。

また、住所も、都道府県や、市町村名までにしておいて、それ以上詳しく書くのは危険です。
電話番号などは、商店や企業なら分かりますが、個人ではやめましょう。

自分の特技や、趣味、また日常の感じ方などを書いていれば、好感を持った方であればフォローしてくれます。
また、ブログを持っていて、ブログを見てほしい方は、そのURLを記しておくのは有効な手段です。

——————————————————————

【フォローと、フォロアーの意味】

ツイッターには、「フォロー」と「フォロアー」という言葉が多く出てきます。
「フォロー」とは、自分が誰かさんのツイートの読者になりますよ。という意味です。
また「フォロアー」とは、その逆で、自分のツイートを読ませてくださいという相手からの意思表示です。
フォローもフォロアーも、ユーザー画面に数字で表示されていますので、誰もが見ることが可能です。この数字は、大きな意味を持ちます。

あと見てほしい数字は、「ツイート数」です。
しばらくツイッターをやっていると、分かってくる部分ですが、ツイート数が多いのに、フォローや、フォロアー数が少ないユーザーがいます。その方は、きっと仲間内でのチャット的な利用でツイッターを使っている場合が多いです。
そのようなユーザーにフォローしても、鍵マークがあって、受け付けてくれないこともあります。そのような時は、あなたが悪いわけではありませんので、落ち込むことなく、また別のユーザーを探しましょう。

また、フォローの話に戻しますね。

【「フォロー」と「フォロアー」の数字が大きく異なるユーザーは要注意!】

ユーザーを見ていると、「フォロー」と「フォロアー」の数字が大きく異なるユーザーを時折眼にすることがあります。
特に、「フォロー」の数は数人だったり、極端に少ないのに、「フォロアー」の数字が数万とか、数十万とかいう場合は、もしかしたら芸能人だったり、著名人だったりする場合があります。

自分の好きな芸能人などにフォローを付けたりすると、その方のつぶやきが自分のTL(タイムライン)に流れます。そのために、ニュースよりも早く有名人の動向がつかめてしまうこともあります。たしかにそういう効果もツイッターにはあります。
でも、そういう方にフォローを付けたからといって、自分もリフォローされると思ってしまうのは早とちりです。そういう有名人からのリフォローは期待しない方がいいです。

そこで、もう一度「フォロー」と「フォロアー」の関係を説明すると、たいていの場合、フォローを付けると、その数パーセントはフォロアーとなって返ってきます。
つまり、これを「リフォロー」とか、「フォロー返し」と呼ぶのですが、フォローするという行為の裏側には、「フォローをしますので、あなたも私をフォローしてくれませんか?」
といった意味合いが多く含まれているのです。

【フォロー時のポイント④】「フォロー」と「フォロアー」の数字のバランスのとれたユーザーは、リフォローの確立が高いです!

【フォロー時のポイント⑤】自分が「フォロー」されたからといって、こちらも相手を必ず「リフォロー」しなければならないということはありません!

好みに合わなかったり、無理してフォロー返しを行っても、かえって相手に対して失礼になります。

たいていはプロフィールを見たり、または、ツイート内容を見て判断したりします。
最近では、商店やショップ、また企業の案内などの広告専門ユーザーも多いので、自分の好みにあった相手をリフォローしてあげるとよいでしょう。

また、最初から、「相互フォロー」とか、「フォロー返し100%」とか書いているユーザーも多いです。
単にフォロアー数を増やしたい方には向いてますが、相互フォローとかいいながら、いつの間にか相手に勝手に外されてしまっていた、・・なんてこともよくありますので、そんなユーザーにもご注意ください!

今回は、かなり長くなりましたが、重要な要素がいっぱい書いてあります。

それでは、次回は背景デザインを変更したり、アイコンを変更する手順をご紹介します。



このサイトに関連するつぶやき [46]:

すべてのつぶやきを表示する...

»この記事についてつぶやく 

最新の情報

»一覧

人・仕事人

»一覧


Go Top
Twitter